HOME > 住宅ローンの返済問題 > 住宅ローンの返済に悩む自営業の方へ、15人が実際にやった成功事例をプレゼント

10,000人の購入検討者リストを使い、ご自宅を直接営業し、なるべく早く・高く売却しませんか?

2015年以降、北海道から九州まで全国で80件を超える住宅ローン返済問題を解決してきました。

将来的なご自宅の買い戻しも踏まえ、大切な条件を加味した売却で家族との以前の生活を取り戻して下さい。

>>これまでの実績はこちらです。

無料面談_相樂

1.相談するメリット

1-1.自己負担0

相談時に「売却にいくら掛かりますか?」と聞かれることがあります。特殊な事情がない限り、基本的に費用は掛かりません。

住宅ローントラブルによる、ご自宅の売却の場合、税金や仲介手数料、登記費用などの本来ご負担いただく費用は売買代金から控除する為、一切掛かりません。

他にも、生活再建や引っ越し費用も仲介手数料からお渡し可能です。

1-2.住みながら、売却できます

間取り図とフルCG

お仕事が忙しく、内見の調整が出来ない方や生活を他人に見せるのを嫌がる方がいます。そのような場合、ご自宅の写真を参考に正確な間取り図やフルCGを作成し、一つひとつ丁寧に購入検討者にアピールし、売買を成立させてきました。

1-3.売却後も住み続ける(リースバック)事ができます

10,000人を超える購入検討者に直接アプローチできるリスト営業でご自宅を高く売ることが出来ます。

そのため、住宅ローンを大きく減らす事ができ、今のままご自宅に住み続ける事ができます。

1-4.専門家を紹介します

多くの方が住宅ローンの滞納問題の解消だけでなく、境界や建物の瑕疵であったり、債務整理や相続登記やその放棄など専門家を必要としています。

アリネットでは、弁護士や司法書士、土地家屋調査士等の専門家とあなたの相談を受け、必要な対策を提案しています。

*ご相談頂いた方に住宅ローン問題を解決した15事例を無料でプレゼントしています

2.住宅ローンに関する実績

2020、2021年と、住宅ローン問題を毎月一件以上、コンスタントに対応し、2022年で80件を突破しました

住宅ローン滞納解決数の推移

週間女性に、コロナウイルスによる収入減で、住宅ローン破産とその対策について、寄稿させて頂きました

女性自身_ローン破産_20210908

40代や50代の男性だけでなく、病気や入院に伴う収入減で返済が難しくなった60代以上の方からも相談がありました

相談者の年齢と性別

お父様と二人で住む自宅をローン滞納による競売から守るため、自宅の任意売却に成功しました

自宅の任意売却

東京や神奈川など関東を中心に、北海道から九州まで全国で80件超の自宅の任意売却に成功しました

全国対応で活動しています

病気による一時的な収入減で競売を申し立てられたものの、買主を急いで見つけ、任意売却に成功しました

競売回避

3.ご自宅の売却事例

任意売却事例1

滞納4カ月目でのご相談で9ヶ月掛かりましたが、毎月の返済額を2万円まで減らすことに成功しました。事業が上手く行かず、奥様と喧嘩が続き、離婚することになり、6年前に建てたばかりのご自宅でしたが、任意売却をいたしました。

(2019年・春/A様/関東地方)

任意売却事例2

滞納前からのご相談で5ヶ月掛け、毎月の返済額を3万円まで減らすことに成功しました。お父様が入院し、家業を継いだものの上手く行かず、4年住んだご自宅の任意売却を行いました。

(2020年・夏/B様/関東地方)

任意売却事例3

競売開始決定後のご相談で2ヶ月掛け、競売を回避し、毎月の返済額を1万円まで減らすことに成功しました。当初、大手不動産会社に依頼するも断られ、弊社にご相談して頂きました。時間がなかったため、急いで対応いたしました。

(2021年・秋/C様/関東地方)

任意売却事例4

滞納6ヶ月で『期限の利益喪失通知』がご自宅に届き、ご相談を頂き、4ヶ月掛け、毎月の返済額を2万円まで減らすことに成功しました。ずっと一人で悩み、夜も満足に眠れなかったと言っていました。

(2022年・春/D様/関東地方)

滞納2ヶ月でのご相談で11ヶ月掛かりましたが、毎月の返済額を1.5万円まで減らすことに成功しました。事業がうまくいかず、体調が悪くなってしまい、なかなか回復せず、ご自宅の任意売却を決断されました。

(2021年・冬/E様/東北地方)

任意売却事例7

ご自宅に『競売開始決定通知書』が届き、直ぐにご連絡いただきました。競売の回避に急いで動き、毎月の返済額を2万円まで減らすことに成功しました。お母様とお二人で暮らしていたため、元金の返済は進んでいたものの、競売の申し立て費用が加算され、返済金額が増えてしまいました。

(2020年・春/F様/九州地方)

任意売却事例6

滞納4カ月目でのご相談で4ヶ月掛かりましたが、毎月の返済額を2万円まで減らすことに成功しました。奥様と離婚することになり、ペアローンの解消に伴い、返済を続ける事が出来ず、中古で買ったご自宅の任意売却を行いました。

(2022年・春/G様/中部地方)

任意売却事例8

返済不安から滞納前にご相談を頂き、契約まで5ヶ月掛かりましたが、毎月の返済額を3万円まで減らすことに成功しました。ご家族と住むため、自宅を購入したものの、長引く自粛期間で奥様の親族と揉めることが多く、離婚することになり、ご自宅の売却を決断されました。

(2021年・春/H様/北海道)

*ご相談頂いた方に住宅ローン問題を解決した15事例を無料でプレゼントしています

4.任意売却の流れと費用

任意売却の流れ

1.地域によって、お手持ちの資料の整理やご自宅の写真撮影をお願いすることがあります。

2.資料の作成や役所での書類の受け取りなどは私たちが代理で行います。

3.買主が遠方の場合やお忙しい時、売買契約や決済はオンライン又は司法書士に委任して行うことができます。

5.住宅ローン滞納関連のコラム

6.無料で15個の成功事例をプレゼント

任意売却の成功事例をプレゼント

任意売却の成功事例はこれからご自宅の売却を検討する際に非常に役に立つと思います。なぜなら、不動産の売却は日常品と比較して、金額が大きく、一日で出来るものではないからです。

大切な決断をする際に間違いがないよう、キチンと理解して、進めて下さい。

事例1:毎月13万円、ボーナス払い30万円×2回の返済が毎月1万円に(30代男性(群馬県))

・リストラで子会社へ、残業代もなく、収入が激減
・滞納3カ月目に相談後、任意売却の申し立て

事例2:毎月8万円の返済額が月5千円に(40代男性(山口県))

・構造的不況で勤務先が倒産し、収入がゼロに
・滞納2カ月目に銀行からの連絡後、相談を頂き、任意売却の申し立て

事例3:毎月11万円、ボーナス払い20万円×2回の返済が月5千円に(50代男性(三重県))

・転職先の会社になじめず、辞めてしまい無職に
・家族ともうまく行かず、離婚・滞納4カ月目に相談があり、任意売却の申し立て

事例4:毎月8万円の返済額が月5千円に(50代男性(大分県))

・病気で4カ月近く入院する事になり、その間、収入がゼロに
・滞納3カ月目に相談があり、任意売却の申し立て

事例5:毎月11万円の返済が月1万円に(40代男性(千葉県))

・お母様の介護で思うように働けず・滞納2カ月目に連絡があり、任意売却の申し立て

事例6:毎月11万円の返済が毎月1万円に(40代男性(埼玉県))

・自営業の方で奥様の病気も重なり、看護の為
・滞納4カ月目に相談を頂き、任意売却の申し立て

事例7:毎月8万円の返済が毎月5千円に(40代男性(富山県))

・お父様の介護で地元で働くことに
・滞納6カ月目に家族と相談し、任意売却の申し立て

*ご相談頂いた方に住宅ローン問題を解決した15事例を無料でプレゼントしています

7.googleのクチコミとマップ

私たちにしかできない解決策を目指し、これまで大切なご相談はオンラインだけでなく、対面でのご相談も受けています。

事務所は都営大江戸線又は東京メトロ日比谷線『六本木』駅2番出口を出て、徒歩2分の所にございます。

>>ご来社に向けた詳細説明はこちらです。

大和田です!

© Copyright - 住まいのトラブル無料相談窓口、アリネット
株式会社リビングイン
宅地建物取引業 東京都知事(2)第96307号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第2733号
不動産投資顧問業 国土交通大臣 一般 第1309号