HOME > よくある質問と回答

このページでは、問い合わせや相談時に、2度以上あった質問とその回答をまとめています。

2012年以降、メンバーの知識を深め、不動産管理の実務に活かす為、住まいのトラブル無料相談窓口、アリネットを運営してきました。建築士や弁護士等専門家と共に、300件を越える相談を行い、現在も相談や対策を提案しています。

なお、これまでの相談や対策の概要はこちらです。

1.なぜ、無料でトラブル相談を受け付けているのか?

なぜなら、不動産管理会社である私たちが色々な住まいのトラブル相談を通し、メンバーの知識を深め、不動産管理の実務に活かすためです。

というのも、インセンティブの割合が多い不動産業界はブラックな印象からか、従業員の定着率が低く、若い人が長く働きたくない労働環境の所が多く、不動産に関する知識が定着せず、お客様とトラブルが頻繁に起こっていました。結果的に、不動産屋は信用できない、騙される等、業界的にイメージが悪くなっていると実感していました。

また、お客様自身も賃貸や売買など、不動産に関する取引は一生の内でも経験する事が少なく、SUUMO等のアンケートでも70%の方が部屋選びに失敗しているのが実態です。

それなら、住まいのトラブル無料相談を受け、失敗や後悔の理由を分析し、今後のサービスに活かす方が私たちの強み・差別化になり、お客様の為にもなる思ったのが始まりです。

2.どんな風にトラブル対策を提案してくれるのか?

普段は、ホームページからLINEや電話、メールなどでご連絡頂き、その場で出来る事を伝え、裁判判例を検索し、共有しています。その他、面談し、詳細を聞き、必要であれば、これまで一緒に行ってきた建築士や弁護士など専門家のと情報を共有し、意見だけでなく、最新判例や過去の成功例を踏まえ、対策を提案、実行しています。

また、弁護士事務所に行くよりは気軽に最新の裁判判例や過去の相談・対策実例、役所や協会への確認を踏まえ、問題解決に向けた提案やサポートをしています。可能な限り素早く回答するようにしていますが、混み合っている場合などはお時間を頂く可能性があります。

なお、相談は無料ですが、出張や特殊な書類を作成する場合には有料になることがあります。その際は事前にご連絡しています。

3.どこまで無料でサポートしてくれるのか?

住まいのトラブルに関する対面やオンラインでの相談と内容を踏まえた各種専門家へのヒアリングや裁判判例、過去の事例を参考にした提案まで無料で行っています。

調査が必要な場合の出張や専門家による書類の作成が必要な場合には、実費を頂いております。なお、費用が発生する場合には必ず事前にお見積りをご連絡し、承認を頂いた後に実行しています。

4.現地まで調査に来てくれるのか?

現地への出張の要否はご相談の上、決めていますが、トラブルの内容次第で現地調査を行っております。なお、その際の費用等は基本的に実費精算になります。その他専門家への報酬等、事前にご相談の上、調整させて頂いております。

5.どんな住まいのトラブルでも相談できるのか?

私たちの業務や専門性の関係から住宅に関するトラブルについて、対応しています。その為、店舗や事務所に関する問題は回答できない可能性があります。

具体的には、住まいに関する契約や隣人とのトラブル、住宅ローンの返済、空き家の処分に関して、どのように行うのが良いか等を事例を踏まえ、ご提案しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

6.裁判判例だけ、調べてもらうことは可能か?

可能です。頂いたご相談内容を検討し、勝ち目の有無や訴訟をする意味があるのか等の判断にご利用いただけます。なお、裁判判例のご提出はご相談いただいてから、24時間以内にメールやLINEで対応しています。

こんな「住まいのトラブル」ご相談ください

1-1.住宅ローン返済・整理

収入減や離婚で住宅ローンの返済が困難になった方向けに、ご自宅の売却後も住み続けられるローン整理を専門に行ってきました。これまで40件近い事例を扱っています。

1-2.空き家・実家管理

子供が独立し、使わなくなった実家の管理や小さすぎて、大手の不動産会社に相手にされない空き家を中心に、補助金を使った有効活用や住み替えを実行してきました。

1-3.投資の詐欺・トラブル

アベノミクス以降急激に増えた不動産を使った投資詐欺でキャッシュフローが常時マイナスで、回収の見込みが立たない案件を解決に向け、有効活用・売却等を実行しています。

1-4.隣人・騒音問題

タワーマンション等多数の世帯が一緒に住むことでトラブルが増えています。管理会社が動かないタバコや騒音、隣人トラブルを管理規約や裁判判例を基に対応しています。

1-5.事故物件・告知義務

国土交通省による事故物件の告知義務のルールの明確化はあるものの、未対応の不動産会社も残っています。新聞屋や鍵屋さんと協力し、事故物件の有無などを調べ、告知義務違反等の対策をしています。

1-6.契約条件の疑問

契約書や特約部分に書かれ、分かりずらい大切な入居日だけでなく、ペットの飼育や無料WIFI等の設備が異なることも。契約書に未記載の内容から請求書まで不動産会社と交渉するための糸口を提案しています。

1-7.駐車場の利用問題

未登録の自動車が敷地内に停まっていたり、自分の区画や車がいたずらされて場合にどのような対策を取ることが出来るのか?管理会社や警察などに見てもらい、速やかに対策が取れるのか?

1-8.退去時の精算問題

引っ越し経験が2回以下の方は退去時の原状回復工事の内容や負担割合が分からず、不当に請求されている可能性があります。東京ルールに沿った請求内容になっているのか、損をしない様、確認してください。

無料相談フォームはこちら

一人でずっと悩んできた方が無料相談を経て、整理に向けた対策をイメージできたことでほっとしたお顔や雰囲気になる瞬間に出る

「よく分かりました。ありがとうございます。」の一言が大好きです。そのために、みんなで毎日、頑張っています。

*頂きました内容を確認し、24時間以内に返信致します。

電話でのご相談は、毎日9時から23時まで

☎ 03-6809-1804

✉ info@livingin.co.jp

*緊急時以外、不要な売り込み等で電話連絡する事はありません

無料相談のクチコミとアクセスマップ

これまで大切なご相談はオンラインだけでなく、対面でも行ってきました。

私たちの事務所は都営大江戸線又は東京メトロ日比谷線『六本木』駅2番出口を出て、徒歩2分の所にございます。来社に向けた詳細説明はこちら。

© Copyright - 住まいのトラブル無料相談窓口、アリネット
株式会社リビングイン
宅地建物取引業 東京都知事(2)第96307号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(1)第5059号
不動産投資顧問業 国土交通大臣 一般 第1309号