HOME >

2012年以降、メンバーの知識を深め、不動産管理の実務に活かす為、住まいのトラブル無料相談窓口、アリネットを運営しています。

問題解決を一緒に行う建築士や弁護士等専門家だけでなく、最新の裁判判例や過去の相談実例、各種協会への確認を基に、トラブル対策の提案やサポートしています。

これまで400件を越える相談を受け、データを基に対策を提案しています。なお、これまでの相談や対策の概要はこちらです。

大手不動産会社に依頼するも、所有者であるお父様が病気で進まず、弊社に相談が来ました。決済まで8カ月掛かりました

(2019年・春/B様/関東地方)

お母さまが入院し、家族全員が困っている中、住宅ローンの返済が滞ってしまい、競売まで進んでしまったケース

(2021年・春/A様/九州地方)

*80%を超える111名の方に「相談して、意味があった」とお答えいただきました。

2019年からこれまで3年間でご相談頂いた方にランダムでアンケートを行い、133名の方にご回答をいただきました。

なお、過去10年間の実際の相談や対策の概要はこちらです。

*2012年のスタート以来、沢山の方からご連絡を頂き、400件を超えるご相談を受けてきました。

特に、2021年は100以上のご相談からお部屋探しだけでなく、自宅の売却やローンの借り換え等可能な範囲で対応してきました。

過去の売買データを踏まえ、アリネットが選ばれる理由をこちらのページにまとめました(2021年12月末時点)

*2012年の創業以来、多くのご相談を頂き、これまで158件の不動産売買をサポートさせて頂きました。

特に、2020年と2021年は住宅ローンや離婚に伴うご自宅の売却相談から悩みやトラブル解決の一つとして、売買をサポートを計40件以上させて頂きました。

過去の売買データから、アリネットが選ばれる理由をこちらのページにまとめました(2021年12月末時点)

*2015年からこれまで、74件の住宅ローン返済に関する悩みを解消してきました。中には、ご近所や知り合いにバレないよう、弊社がこれまで培った9,600人を超える購入希望者リストに直接購入を打診し、売買が整理したケースもありました。

具体的な各事例や債務整理・任意売却を行ったケースの分類はこちらをご覧ください(2021年12月末時点)

東京都心を中心に『賃貸・分譲も過去のトラブルや裁判判例』を生かした部屋探し、始めました。

ローン整理や借金問題等、過去の相談と判例を生かした解決のご相談はこちらです。

1.住まいの「こんなトラブル」ご相談ください

2012年より、建築士や弁護士など専門家のメンバーと共に、裁判判例や実際にあった相談400件を超える提案から効果的なトラブルに関して、解決への糸口をまとめています。

1-1.住宅ローン返済・整理

収入減や離婚で住宅ローンの返済が困難になった方向けに、売却不要や引っ越し不要、持ち出し不要の自宅に住み続ける住宅ローン整理を専門に行ってきました。

トラブル解消後の人生の再スタートを含め、2015年以降、70件を超えました。なお、具体的な事例や債務整理・任意売却を行ったケースの分類はこちらをご覧ください。

1-2.空き家・実家管理

2012年以降、税理士・弁護士の方から紹介などで子供が独立し、使わなくなった空き家、受け継いだ実家の管理を行ってきました。

特に、小さすぎて、大手の不動産会社に相手にされない空き家を中心に、市区町村の補助金を使った改修や有効活用や必要に応じ、住み替え・建て替えを実行してきました。

1-3.投資の詐欺・トラブル

アベノミクス以降急激に増えた不動産を使った投資詐欺でキャッシュフローが常時マイナスで、回収の見込みが立たない案件を整理し、解決に向け、有効活用・売却を実行しています。

1-4.隣人・騒音問題

タワーマンション等多数の世帯が一緒に住むことでトラブルが増えています。管理会社が動かないタバコや騒音、隣人トラブルを管理規約や裁判判例を基に対応しています。

1-5.事故物件・告知義務

国土交通省による事故物件の告知義務の明確化はあるものの、未対応の不動産会社も・・・。地元の新聞屋や鍵屋さんと協力し、事故物件の有無や告知義務違反の対策をしています。

1-6.契約条件の疑問

契約書や特約部分に書かれ、分かりずらい大切な入居日だけでなく、ペットの飼育や無料WIFI等の設備が異なることも。契約書に未記載の内容から請求書まで不動産会社と交渉するための糸口を提案しています。

1-7.駐車場の利用問題

敷地内に未登録の自動車が敷地内に停まっていたり、自分の区画や車がいたずらされて場合にどのような対策を取ることが出来るのか?管理会社や警察などに見てもらい、速やかに対策が取れるのか?

1-8.退去時の精算問題

引っ越し経験が2回以下の方は退去時の原状回復工事の内容や負担割合が分からず、不当に請求されている可能性があります。東京ルールに沿った請求内容になっているのか、損をしない様、確認してください。

2.住まいのトラブル対策コラム

実際にあった住まいのトラブル相談を参考に、役所や協会、弁護士や建築士など専門家の意見をまとめ、コラムを作りました。

3.過去の相談と分析

私たち、アリネットは、知識を深め、サービスの質を上げるため、これまでの経験だけでなく、各専門家と協力し、住まいのトラブル対策を提案しています。

なお、弊社オフィスやご自宅での対面、オンライン面談以外に電話やメールでの無料相談も受け付けています。

・電話でのご相談は、毎日朝9時から22時まで。

・メールやLINEでのご相談は、24時間、相談受付が可能です。

無料でどの相談方法もご利用いただけます。なお、住宅ローン整理や空き家や実家の対応に関するご相談は満足いくまで何度でも無料です。

お母さまが入院し、家族全員が困っている中で住宅ローンの返済が滞ってしまい、一年経たずに競売の開始まで進んでしまったケースです。

時間が無かったものの、ご相談から二ヶ月、二人三脚で決済まで行い、現在も実家に住み続ける事が出来ました。

(2021年・春/A様/九州地方)

お子様が成長し、夫婦二人だけになった自宅からマンションに住み替えを行い、空き家になった戸建てを2年近く放置してしてしまい、区役所から植栽等の整備について、連絡があり、管理や売却の相談を受けました。

敷地内の投棄物と建物に付いたツタを整理し、売却に成功しました。

(2020年・秋/E様/関東地方)

離婚後しばらくして、慰謝料及び住宅ローンの返済を元配偶者さまがしてくれなくなり、共同名義で借りていた債務の返済が滞り、自宅として住んでいたマンションを売却しました。

ただ、早期に相談を受けたため、お子様の学校の関係で引っ越す必要はなく、売却後も住み続ける事が出来ました。

(2019年・夏/T様/関東地方)

住宅ローンの返済を3年近く一人で悩まれ、自己破産を考えていた方でした。

競売の申し立てがあり、色々な所から連絡が来て、慌てていらっしゃいました。

その後、オーナーチェンジを条件に二人三脚で売却活動を行い、ローン返済後もご自宅に住み続ける事が出来ました。

(2018年・春/C様/関東地方)

ご自宅の所有者であったお父様の体調が良くなく、大手不動産会社に売却を依頼していたものの反響等が無く、滞っていました。

ご紹介を受け、建物や室内の写真を撮り直し、レインズ他売却に向けた営業を続け、8カ月掛かりましたが、無事に売却することが出来ました。

(2019年・春/T様/関東地方)

旦那様が無くなり、残された資産の整理を相談されました。今後も保有し続けるものと残さない物を整理し、売却と管理を引き受けました。

最初の相談から整理、提案、実行に7カ月以上かかりましたが、現在はご家族円満に資産を配分することが出来ました。

(2020年・秋/M様/関東地方)

前管理会社が全く動かない会社で建物全体の雰囲気が悪く、入居もまばらでした。

管理を受託し、こまめに植栽や敷地内のゴミを整理し、掲示板や自転車置き場の整理を行っていった結果、入居者の数も質も改善し、売却までタイミングよく、完了できました。

(2014年・冬/D様/関東地方)

仲の良かったママ友とのいざこざが原因で住み替えを行った方です。防犯カメラの証拠や子供が精神的なストレスになり、診断書等を準備しました。

最新の判例を基に管理会社や弁護士に相談し、訴訟費用と損害賠償を単純に比較し、市場が高騰している内に自宅を売却し、住み替えを行いました。

(2018年・冬/N様/関西地方)

*緊急時以外、不要な売り込み等で電話連絡する事はありません。

4.これまでの相談の概要

オンラインや現地調査を含め、これまで400件を越える相談を受けてきました。ここでは、その内容を分析し、どのような傾向があるのかグラフにしています。

なお、トラブル解消後の人生の再スタートを含め、2015年以降、基本を大切に債務が残らないよう金融機関との条件交渉会社や知り合いにバレないよう9,600人を超える購入者リストを基に70件を越える事例を扱っています。

具体的な事例や債務整理・任意売却を行ったケースの分類はこちらをご覧ください(2021年12月末時点)

4-1.延べ400件を超える相談を受けています

大切な資産である住まいのトラブル解消サポートが浸透した2018年以降、毎年50件以上のご相談をメールやLINE、電話で受けています。

また、対面やオンラインでの無料相談だけでなく、必要に応じて、現地調査等も行ってきました(現在は、関東地方に限定し、現地の調査も行っています)

4-2.過去2年でローン相談が一気に増えました

住宅ローンの返済問題や隣人、離婚に関する相談もありました。売るだけじゃない、70件を超えた、実際に解決した住宅ローン問題については、こちらのページに詳細をまとめました。

一般的に、不動産取引は一生の内に経験することが少なく、契約書などの確認が出来ず、捺印してしまい、トラブルに発展している方もいました。

4-3.分譲・賃貸合わせ、東京の不動産に関する相談が計150件もありました

特に、購入・引っ越し後に起きてしまうトラブルに関し、内見や契約等事前によく注意し、進めて下さい。トラブルの大半は慣れてない内に急いで契約を進めてしまったことによるものです。

なお、メンバーの体制を整えつつ、これまで同様、千葉や埼玉、神奈川県等の首都圏だけでなく、日本全国の住まいのトラブル相談も受け付けています。

4-4.不動産においては信用できる会社を選び、慎重に進めて下さい

40代、50代以降の方の場合、離婚や収入減に伴う住宅ローン・債務整理や実家・空き家の管理や処分に関する相談が多く、身内にも相談しにくい住まいやお金の問題に対策等を提案することが多くありました。

一方、20代、30代の方は離婚に伴うご自宅の財産分与の仕方や告知義務違反や契約条件などの賃貸を中心としたトラブルが多くありました。ただ、どちらもすべての世代も女性の方がトラブルに遭っていました。

5.各トラブルのご相談はこちら

6.無料相談フォームはこちら

一人でずっと悩んできた方が無料相談を経て、整理に向けた対策をイメージできたことでほっとしたお顔や雰囲気になる瞬間に出る

「よく分かりました。ありがとうございます。」の一言が大好きです。そのために、みんなで毎日、頑張っています。

*頂きました内容を確認し、24時間以内に返信致します。

電話でのご相談は、毎日9時から22時まで

☎ 03-6555-3053

✉ info@livingin.co.jp

*2012年の創業以降、緊急時以外、不要な売り込み等で電話連絡する事はありません。

7.無料相談のクチコミとアクセスマップ

これまで大切なご相談はオンラインだけでなく、対面でも行ってきました。

私たちの事務所は都営大江戸線又は東京メトロ日比谷線『六本木』駅2番出口を出て、徒歩2分の所にございます。

>>来社に向けた詳細説明はこちら。

© Copyright - 住まいのトラブル無料相談窓口、アリネット
株式会社リビングイン
宅地建物取引業 東京都知事(2)第96307号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第2733号
不動産投資顧問業 国土交通大臣 一般 第1309号