HOME > 相続で引き継いだ実家が空き家になってしまった場合の解決策は?

このページでは、相続などで引き継いだ空き家を放置した際のトラブルやその対処をまとめています。

あなたのお悩みに合った対策やコラムを確認し、効率的に悩みを解決して下さい。

相楽_背景白

1.空き家放置によるトラブルの回避

*過去の解決事例を無料でプレゼントしています

2.過去の空き家の対処や解決事例

フルCGの解決事例

元々実家でしたが、今は空き家になり、荷物が散乱していました。

このままでは高い値段で売れない為、荷物を整理し、CGによるイメージを作成し、潜在的な購入者を探していきました。

(2022年・春/D様/関東地方)

離婚後空き家にしていた事例

離婚後、奥様と相談者様それぞれ別に引っ越したものの、住宅ローンが残っている為、地元の不動産会社では売れないと言われた戸建てでした。

旦那様名義の借り入れに関し、滞納の後、任意売却を申し立て、金融機関と交渉し、6ヶ月掛かりましたが、無事に売れた事例

(2020年・春/F様/九州地方)

空き家になった実家

ご自宅の所有者であったお父様の体調が良くなく、大手不動産会社に売却を依頼していたものの反響等が無く、滞っていました。

ご紹介を受け、建物や室内の写真を撮り直し、営業を続け、8カ月掛けて、売却することが出来ました。

(2019年・春/T様/関東地方)

3.空き家の対処相談や売買件数

ご相談の傾向

内容別相談件数

一時、終活やエンディングノートが流行りましたが、2012年以降空き家・空き部屋の対処に関する相談は20件近くありました。

両親等親族の方が原因となり、空き家として放置されているケースが大半です。「どうして良いか、分からない」、「みんなの意見がまとまらず、動かせない」と言うのが大半です。

目的別売買件数

目的別売買件数

空き家はそのまま売却するだけでなく、更地にして売却したり、改修し、賃貸に出したりと、地域や状況・ご希望により、対応が異なってきます。

過去、2区画に分割し、売却したり、賃貸に出し、退去時に売却したりと、後悔しない為、相談者様の意向に沿った提案を実行してきました。

ご相談から売却までの期間

売買完了までの期間

空き家に限らず、住まいのトラブル相談後に不動産の売却を依頼されるケースでは90%程度の場合、6ケ月ぐらい掛かります。

なぜなら、1ヶ月や2ヶ月で終わる場合、広く購入者の認知が進まず、値段が安すぎる可能性が高いと思います。

また、境界や越境・被越境、室内の改修などトラブル解消や債権者との交渉に時間が掛かるケースがあるからです。

4.無料相談フォームはこちら

一人でずっと悩んできた方が無料相談を経て、整理に向けた対策をイメージできたことでホッとしたお顔や雰囲気になる瞬間に出る「よく分かりました。ありがとうございます」の一言が大好きです。

そのために、メンバーみんなで毎日、頑張っています。

>>住まいのお悩み無料相談を始めたきっかけはこちら

大和田_背景白

*内容を確認し、24時間以内に返信致します。

電話でのご相談は毎日9時から22時まで

☎ 03-6555-3053

✉ info@livingin.co.jp

*不要な売り込み等で電話連絡する事はありません。

*ご相談頂いた方に15個の解決事例を無料でプレゼントしています

5.googleのクチコミとマップ

私たちにしかできない解決策を目指し、これまで大切なご相談はオンラインだけでなく、対面でのご相談も受けています。

事務所は都営大江戸線又は東京メトロ日比谷線『六本木』駅2番出口を出て、徒歩2分の所にございます。

>>ご来社に向けた詳細説明はこちらです。

大和田です!

© Copyright - 住まいのトラブル無料相談窓口、アリネット
株式会社リビングイン
宅地建物取引業 東京都知事(2)第96307号
賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第2733号
不動産投資顧問業 国土交通大臣 一般 第1309号