騒音で悩みたくない一人暮らしの方へ、内見時にチェックしてほしい周辺環境5選

こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す六本木の不動産屋、(株)リビングインで建物の管理や住まいのトラブル解消を担当している不動産鑑定士補兼賃貸不動産経営管理士の相樂です。

私たち、アリネットは住まいのトラブルを減らすため、2000年以降、引っ越しを経験された方、累計6,700人超の方にアンケートを行い、様々な部屋探しの体験談や失敗談を集計し、分析してきました。

今回は、宅地建物取引士の大和田と一緒に、引っ越し後の後悔を減らすため、特に引っ越し経験が2回以下の方向けに、騒音トラブルを防ぐため、マンションの内見時に周辺環境について、確認してほしいことをまとめました。

先日、投稿した。

内覧時に聞かれた、

「隣りとの壁って、大丈夫ですか?」

と似ているんですが、内見の際、現地に行ったら確認してほしい事があります。

それは周辺の環境です。

二重サッシ等、しっかりと防音対策されている部屋なら、外部の騒音も防げるかもしれません。しかし、殆どの部屋は色々な大人の事情からそうなっていないと思います。

私たち、アリネットは住まいのトラブルを減らすため、2000年以降、引っ越しを経験された方、累計4,600人にアンケートを行い、様々な部屋探しの体験談や失敗談を集計し、分析してきました。

そこで、これまで行ったアンケートから、こんな施設が近くにあると騒音に悩んでしまうかも・・・、というものを5つご紹介します。

正直、一人暮らしをはじめるための部屋探し、物件の内見は何を見るかよく分からないし、寒いし、面倒くさいと思います。しかし、せっかく現地まで行くのであれば、室内だけの内見で終わらせず、内見の前後、実際どうであるかをゆっくりチェックしてみて下さい。

例えば、駐車場付きのコンビニやスーパー、深夜まで営業する居酒屋があるか、他にも、よくトラブルになる幼稚園・保育園など人によっては子供の声が騒音だと言う方もいます。バス道路に面しているか、以外にも周辺に学校があるか、通学路になっていないか等も知っておいた方が良いと思います。

1.マンション周辺の便利な施設

駅の近くに位置する物件では、その利便性と引き換えに音の問題が起こりやすいです。と言うのも、駅には、朝から晩までたくさんの人が集まります。

タクシーやバスなども周辺でよく走っています。その為、駅に近い物件に住むと、人の話声、エンジン音、クラクション音などが気になってしまうかもしれません。

また、駅の近くには繁華街があります。居酒屋などが多いと、夜間に酔っ払いが増え、人の迷惑を考えずに大声でしゃべっている人や歌を歌っている人などが増えがちです。

コンビニや24時間営業のスーパーの近くに位置する物件もその利便性と引き換えに音の問題が起こりやすいです。エンジンを止めないまま駐車している車があったり、若者が数人で集まってしゃべっていたり、といったことがあります。

2.線路や大きな道路

以前、インタビューでもありましたが、

  • 幹線道路
  • 高速道路
  • 線路

などの近くに位置する物件の場合、時間帯を問わず、騒音に悩まされることがあります。 深夜営業のお店や物流量の多い現代では、深夜でも、たくさんの車が走っています。もちろん、走り屋もいます。

「線路が近くても深夜は大丈夫でしょ。ただ寝るために帰ってくるようなものだから、線路が近くても問題ない」

このように考える方が多いですが注意が必要です。一般的に利用される”旅客列車”の深夜運転はありません。しかし、”貨物列車”の深夜運転はあります。貨物列車が通過する音が気になって熟睡できない、という例がありますので、気を付けてください。

なお、幹線道路・高速道路・線路などが近くても、遮音壁があったり、間に建物がたくさんあったりすると騒音が軽減されます。地図と距離だけで判断せず、実際に出向いて判断することが大事です。

特に、鉄道については、以下のような訴訟・判例まであります。

平成30年3月23日に判決の出た名古屋地方裁判所の判例では、鉄道・道路施設を走行する列車・自動車が発する騒音により精神的苦痛を受けているとする訴訟にもなっています。

他にも、平成27年3月6日に判決の出た東京地方裁判所の判例では、在来線・新幹線の鉄道騒音により,本件建物の賃借人が生活妨害を受けた結果,原告が賃料減収などの損害を被ったとし,不法行為に基づく賠償を求める訴訟などもありました。

3.サッカー場や野球場他運動場

学校だけでなく、サッカー場や野球場などの近くに位置する物件の場合、試合があるときに騒音に悩まされることがあります。

試合がはじまる1時間以上前から、観客の声や警備員の笛の音などが聞こえてきます。そして、試合中は観客の大歓声やアナウンスなどが聞こえてきます。

ただ、24時間365日、常に試合があるわけではないので、試合のときだけ他のところに退避している、という方もいるようです。

4.幼稚園・保育園、小、中、高、大学校

騒音チェックで盲点となりやすいのが学校です。アンケートでは、子供のいない一人暮らしの方がよく記入していました。学校等が近くにあると、仕事に集中できないことがよくあるようです。

4-1.幼稚園や小学校などが近い物件

日中、校庭などにいる子どもたちの声がよく聞こえてきます。テレワーク中など、たまに子ども達の元気な声を聞くのは微笑ましいものがあります。しかし、毎日のこととなると、積もり積もって大きなストレスになってしまうこともあるかもしれません。オンライン会議中にその声が入ってしまい、トラブルになるケースもあるようです。

ただ、幼稚園や小学校などが近い物件は住宅街にあることが多く、夜間がうるさくなることはありません。そういう意味で、日中に自宅にいない、外出の多い方であれば、特に問題はないと思います。

個人的には、幹線道路沿いにあるマンションと比較して、住宅街にある低層マンションは空地を撮る必要があるため、日照や風通しを考慮されており、生活環境が良いと思います。

4-2.大学が近い物件も注意が必要

大学の近くには、当然、大学生が住んでいることが多いです。大学生の場合、時間的な自由度が高いため、昼間から友人とお酒を飲んだり、夜通し麻雀したりすることがあります。

幼稚園や小学校などが近い場合は、音に悩むとしても日中だけですが、大学が近い場合、昼夜関係なく、音に悩むことがあります。

5.病院

学校と同様、騒音チェックで盲点となりやすいのが病院です。病院の近くにある物件に住むと、救急車のサイレンに悩まされることがあります。病院の規模が大きいほど、その頻度が多くなる傾向にあります。

そして、急病人や負傷者を運ぶための救急車は昼夜を問いません。救急車のサイレンで、安眠を妨げられてしまうこともあります。深夜外来や救急病院等がそれに該当しますが、個人的にはこれぐらいの騒音は仕方ないのかなと思っています。

これから内見を行う方向けに、資料と実際が違ったトラブルや隣人や騒音問題の実際にあった相談を基に、内見時に室内以外で見てほしいポイントを整理しました。契約を不履行に出来た事例のやり取りも付けました。部屋探しの経験が2回以下の方には特に読んでもらいたいです。

6.内見時に確認してほしい、周辺環境まとめ

今回は、「隣りとの壁って、大丈夫ですか?」から、始まった内見時に確認してほしい、建物や室内だけでなく、周辺環境について説明しました。実際、現地に行き、窓を開けてみると色々な音が入ってきます。マンションや室内で確認できるポイントはこちらのページにまとめてきました。

その中で、問題になる音と、ならない音があると思うので、内見は面倒ですが、高額な部屋を契約する際には実際に現地を訪れ、確かめてみる事をお勧めします。以下、今回のまとめです。

  • 駅やコンビニなど人が集まるところに近い場合、人や乗り物が出す音に悩むことがある
  • 線路や大きな道路が近い場合、乗り物が出す音に悩むことがある 遮音壁や間に建物があるかをチェック
  • サッカー場や野球場などが近い場合、試合時の音に悩むことがある
  • 幼稚園や小学校が近い場合、日中、音に悩むことがある
  • 近くに大学生が住んでいる場合、昼夜関係なく、音に悩むことがある
  • 病院が近い場合、救急車のサイレンの音に悩むことがある

一点、騒音については家にいることが多く、騒音に悩まされたくない方は幹線道路や線路以外にも、建物の用途地域に気をつけてください。

世田谷区の方で実際にあった騒音に関する相談を参考に、準工業地域は工場や倉庫が近くにありつつ、マンションや戸建ても建つエリアで騒音問題が起こりやすいです。他にも、トラック等の大型車が行き来するため、お子様がいるご家庭には準工業地域にあるマンションはあまりお勧めできません。

ちなみに、内見時の確認・チェックリストもよく聞かれます。これまでの失敗談を参考に無料で使えるものを作りました。ぜひ、内見時に使ってみて下さい。4,600件の失敗談を基に作った内見時のチェックリストはこちらのページです。なお、人気のある他社の内見チェックリストも同様にまとめています。今回同様に、最近、お客様に聞かれた、「内見の申し込み後のキャンセルって、罰金ありますか?」について、こちらのページにまとめました。

私たちは、2012年より地域に根付いた不動産屋として、住まいのトラブルに特化し、住宅ローンの返済だけでなく、騒音や隣人、契約トラブル等のトラブルを解決してきました。

現在、無料相談を実施しており、相談者の方には住まいの問題解決事例をまとめた冊子も無料で差し上げております。問題を早期に解決し、一秒でも早く、明るい毎日を取り戻して下さい。ともかく、ぜひ一人で悩まず、時間を無駄にしない様、早めにご相談ください。

これまで、8年間300件近い住まいのトラブルの相談を受けた中でもさまざまなケースがありました。

ここに記載出来ない内容で困っている方もいると思います。もし、あなたが現在トラブルに悩まされているのであれば、トラブルが大きくなる前にお近くの専門家に相談することをお勧めいたします。信頼できる先がすぐに見つからない場合、弊社の無料相談にご連絡ください。

これまで多くの住まいの問題を解決した経験や知識を活かし、あなたの力になれると思います。ぜひ気軽に無料相談までご連絡ください。

私たちは今後もあなたの大切な人生と平穏が守られますよう、4,600件を超える引っ越しの失敗談を基に住まいの問題解決のトップランナーとして、専門家と協力し、地域や建物の情報を中心に提供、検証していきます。

念のため、【建築士と考える】住んでもいい事故物件の見分け方、内覧時に使える方法をレクチャーしてもらいました。最近流行っているカスタマイズ賃貸についても、こちらにまとめました。不動産トラブル専門の弁護士による、契約直後の事故物件発覚時の告知義務違反等の対応についてはこちらのページにまとめました。

今回もサクッと読み切れるように、私たちなりにポイントを整理して記載しました。最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。
※なお、これまで聞かれることが多かった質問に関して、サイト移動を機に、もっと参考になるよう一部内容を修正・追記し、投稿しています。

Follow me!

関連する他の投稿はこちら

LINEでも無料相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

無料の参考資料のダウンロードはこちら

相樂 喜一郎

この記事を書いた人

相樂 喜一郎

事例を基にトラブルの少ない取引を目指し、2011年以降130件以上の不動産取引を経験。現在はこれまでの経験を活かし、地域の金融機関と一緒に相続に伴う実家の再生や売却、住み替えに注力。不動産鑑定士補、宅地建物取引士、相続アドバイザー、住宅診断士。 >>その他詳しい実績はこちら

騒音で悩みたくない方へ、マンションの内見でやってほしい現地確認事項5選前のページ

内見時の持ち物に印鑑は必要か?場合によって、認印か実印の確認も必須次のページ

関連記事

  1. 豆知識

    渋谷・六本木勤務の一人暮らしにおすすめ、家賃8万円の【東中野】とは?

    ・・・東京で一人暮らし、どこに住む?この質問は、その後…

  2. 豆知識

    預り金は『不動産会社などへ一時的に預けるお金』のこと

    1.預り金は不動産会社などへ一時的に預けるお金のことお客様…

  3. 豆知識

    部屋探しの内見、何を見る?後悔しない目的別見るべきポイント3つ

    大きな失敗を防ぎ、引越し後に後悔しないため、現地の内見で最低限…

  4. 豆知識

    麻布十番の事故物件を実際に見て、その場で立地や形状等原因分析(その1)

    マンションやアパート等の管理業務でトラブル解消も担当している相樂で…

  5. 離婚時のバタバタで負動産を作らないために

    豆知識

    離婚時の不動産売却で「負動産」で失敗しない対応方法は?相続放棄との違いは?

    こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す六本木の不動産屋、(株)…

  6. 豆知識

    マンションの隣人からの嫌がらせ対策と注意点、無料の相談先まとめ

    こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す六本木の不動産屋、(株)…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

営業日時・連絡先

年中無休・9時から22時まで営業
電話番号
アドレス

運営者情報

運営者情報

2012年以降、600を超える解決事例や6,700件のアンケートを参考に、関わった方の住まいのいお悩みゼロを目指し、活動しています。充実した毎日を取り戻すため、一対一の担当制で最後まで一つひとつ、責任を持って対応しています。

詳しくはこちら


LINEでも相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。


カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930