遺産相続の手続きと必要書類とは?銀行預金から税金まで詳しく解説

遺産相続の手続きと必要書類とは?銀行預金から税金まで詳しく解説

こんにちは、住まいのお悩み無料相談、アリネットで住まいのお悩み相談を受けている不動産鑑定士補兼相続アドバイザーの相楽です。

作業中の相楽

遺産相続においては、様々な手続きが必要となる場合が多いものです。

これらの手続きを知っておかないと、せっかく受け取れるはずの遺産が受け取れないばかりか、余分な税金を支払わされたり、放棄できる負債を負わなければいけないことにもなりかねません。

そのため、日頃から遺産相続に必要な書類や手続きを理解しておくことが重要です。

そこで今回は、遺産相続において必要な手続きや書類について解説していきます。

1.銀行預金の引き出しに関する必要書類

書類

まずは、銀行預金の引き出しに必要な書類について解説します。

1-1.銀行預金の凍結と引き出し手続き

最近では現金を自宅に置いておく人は少なく、多くの人は銀行に預金しています。

亡くなった人の預金については、銀行がその人の死亡を知った時点で預金口座を凍結します。

相続人がその預金を引き出す際には、以下の書類が必要です。

  • 遺産分割証明書
  • 相続人全員の戸籍謄本

これらが無いと、凍結された預金口座からお金を引き出すことができません。

特に遺産分割証明書は、公証人に作成してもらうか簡易裁判所の認証が必要なため、早めに準備しておくことが重要です。

2.税金の申告は迅速に行うことが大切

書類を確認する女性

続いて、税金の申告について解説します。

2-1.税金の申告期限と軽減措置

遺産相続をした場合、所得税や相続税が掛かります。

これには申告期限があり、期限を越えてしまうと余分な税金が徴収されたり、軽減措置が受けられないことがあります。

  • 所得税の申告期限は4か月以内
  • 相続税の申告期限は10か月以内

特に相続税の軽減措置は金額が非常に大きいため、必ず期限内に申告を行うことが大切です。

これらの期限と手続きについて把握しておくことが重要です。

3.負債は早急に調査し対応することが重要です

落ち込む女性

最後に、負債に関する対応について解説します。

3-1.負債の確認

故人が家族に内緒で借金をしており、亡くなった後に発覚することはよくあります。

基本的に負債も遺産の一部として扱われるため、放置しておくと相続人がその借金を返済しなければなりません。

負債については、できるだけ故人が亡くなる前に確認しておくことが大切です。

相続段階で負債が残っていると、相続税などで資産が少なくなる上に借金が残ってしまうので、大きなトラブルになることも多いためです。

できるだけ相続前に負債を減らすことが重要です。

3-2.相続放棄の手続き

負債を避けるためには、3カ月以内に相続放棄を行い、すべての遺産の相続を放棄する必要があります。

期限が3カ月と限られているため、この期間内にしっかりと届出をすることが必要です。

4.相続に伴う不動産の売却で悩んでいる方へ

相談件数のグラフ
2012年以降、相続や空き家に関する相談を250件以上受けてきました。

それらを基に、相続で問題が発生しないためのチェックポイントをまとめました。

不慣れな相続や空き家問題で不動産の売却や買取り、管理を検討している方、まずは簡単無料査定をお試しください。

  • 相続した不動産が遠方にある
  • 不動産や相続の相談できる知り合いがいない
  • 空き家になっており、借り手がいない
  • 物置又はゴミ屋敷になっており、触れない
  • 権利関係が共有など面倒で整理ができない
  • 相続の放棄も検討したい
  • 今後、不動産を使う事がない
  • 相続人が3人以上いる

もし、2つ以上当てはまる場合には、お近くの相続の専門家や私たちのLINE公式から相続の失敗事例を見てみて下さい。
どのような対策が取れるのか、すぐに分かります。

特に、お仕事などで忙しい男性はじっくり考える事が難しく、親族間で不動産をどうするか、条件の書式化や不動産の売却や買取りで悩んでいる方、簡単無料の『LINE公式の無料相談』や『電話相談』からお気軽にお問い合わせ下さい。

*私たちはたらい回しなく、実務担当が直接対応いたします。

取引件数の推移

私たちは2012年以降、250件を超える、不動産取引を担当し、どのような不動産を購入・売却すべきか、理解しつつあります。

地方だけでなく、東京においても高齢化による住み替え相談が増えており、今後も私たちの強みを生かせる案件を丁寧に見つけ、紹介していきたいと思います。

相続で引き継いだ再建築不可の実家、隣地を購入し、5,300万円で売却した事例

>>これまでうまく行った解決事例はこちらのページにまとめてあります。
また、私たち、アリネットのgoogleでの口コミはこちらのページにまとめてあります

Follow me!

関連する他の投稿はこちら

LINEでも無料相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

無料の参考資料のダウンロードはこちら

相樂 喜一郎

この記事を書いた人

相樂 喜一郎

事例を基にトラブルの少ない取引を目指し、2011年以降130件以上の不動産取引を経験。現在はこれまでの経験を活かし、地域の金融機関と一緒に相続に伴う実家の再生や売却、住み替えに注力。不動産鑑定士補、宅地建物取引士、相続アドバイザー、住宅診断士。 >>その他詳しい実績はこちら

専有部分とは、集合住宅内において、特定の居住者が、独占的に使用することできるスペースのことです。前のページ

専有面積とは、集合住宅における『専有部分』の面積のことです。次のページ

関連記事

  1. 豆知識

    オシャレなお部屋に住みたいバリキャリ女子へ!デザイナーズマンションって何?

    オシャレなお部屋と言えば、デザイナーズマンションですよね。しか…

  2. 豆知識

    築30年を超える老朽化マンションを相続する時、建て替え問題とその対策は?

    こんにちは、不動産取引の不安ゼロを目指す六本木の不動産屋、(株…

  3. 豆知識

    不動産屋からこの部屋は「騒音はなくて地震にも強く、虫も出ない」と騙されたら?

    麻布十番・賃貸マンション、㈱リビングインの宅地建物取引士兼ファ…

  4. 豆知識

    一人暮らしでも内見すべき?失敗談を基にメリット・デメリットを解説(その1)

    今回は、はじめて一人暮らしする方向けに、4,000件を超える部…

  5. 豆知識

    大使館が多い麻布十番、一人暮らしで気になる治安は大丈夫?

    こんにちは、防犯設備士の相楽です。“麻布十番のマンショ…

  6. 相場情報

    麻布エリアで一人暮らしをしたい女性でも安心【パレステュディオ麻布イースト】

    パレステュディオ麻布イーストに関する情報をネットだけでなく、実際に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日時・連絡先

年中無休・10時から22時まで営業
電話番号
アドレス

運営者情報

運営者情報

2012年以降、600を超える解決事例や6,700件のアンケートを参考に、関わった方の住まいのいお悩みゼロを目指し、活動しています。充実した毎日を取り戻すため、一対一の担当制で最後まで一つひとつ、責任を持って対応しています。

詳しくはこちら


無料のLINE相談は深夜も対応しています。お気軽にご連絡ください。


カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031