贈与税の配偶者控除とは?特例の条件と利用方法を解説

贈与税の配偶者控除とは?特例の条件と利用方法を解説

こんにちは、住まいのお悩み無料相談、アリネットで住まいのお悩み相談を受けている不動産鑑定士補兼相続アドバイザーの相楽です。

作業中の相楽

これまで、子供や孫への相続について多く取り上げてきました。

今回は視点を変えて、夫婦間の生前贈与についてお話しします。

贈与をする際には、ヘソクリがばれないように注意したいですね。

夫婦間の贈与は、相続税の節税対策としても有効です。

ぜひこの機会に、適切な方法で贈与を行い、将来に備えてください。

1.夫婦間の生前贈与

書類を確認する夫婦

配偶者は相続に関係する税金において、かなり優遇されています。

1-1.配偶者の相続税優遇措置について

これまでの記事を読んでいただければ分かると思いますが、配偶者の基礎控除額は3000万円です。

それに加えて、取得額が1億6000万円までなら非課税という、非常に手厚い相続税の非課税枠が存在しています。

また、法定相続人が配偶者1人の場合、遺言書で全ての財産は愛人に譲ると書かれていても、配偶者の遺留分は全ての相続財産の総額の2分の1が補償されてますし、配偶者枠はやはり大きいといえます。

1-2相続発生後の配偶者の優遇措置

これまでは、被相続者が亡くなった後の話をしてきました。

今回は、生前に行う夫婦間の贈与について、その非課税枠がどれくらいあるのかをお伝えします。

答えはずばり2000万円です。

やはり配偶者には強い優遇措置があります。

しかも、この額にさらに『暦年贈与』の110万円を上乗せすることもできます。

つまり、夫婦間の生前贈与は2110万円の非課税枠があるという事です。

ただし、この方法を利用する為には条件があります。

2.贈与税の配偶者控除を利用する特例の条件

打ち合わせの様子

配偶者控除を利用しないと、仮に2000万を受け取った場合、750万円を税金として納める必要が出てきます。

そんな事にならない為にも、贈与税の配偶者控除を利用してください。

この特例を利用するための条件は、以下の通りです。

  • 婚姻の届をした日から贈与を受けた日までの20年以上である配偶者である事。
  • 国内にある住居用不動産または住居用不動産の取得に充てるための金銭で有る事。
  • 住居用不動産に現在居住しているまたは、贈与を受けた年の翌年の3月15日までに居住する見込みで、かつ今後引き続きこの住居用不動産に居住する事。
  • 過去に同じ贈与者からの贈与について、この特例の適用を受けていない事。

つまり、この配偶者控除の特例を受けるのは住居用に用いること限定で、3月15日までに住むことが出来る1回ぽっきりの特例ということになります。

3.よくある質問

喧嘩する夫婦

続いて、贈与税の配偶者控除に関する、よくある質問を紹介していきます。

3-1.確定申告後に特例は受けられる?

「去年、配偶者に自宅を贈与したのですが、今年の確定申告(3月15日)までに贈与税の申告と納付をしました。

その後、贈与税に関する配偶者控除の特例を知りました。納税した後ですが、その配偶者控除の特例を受けることはできないのですか?」

という質問がよくあるそうです。

これは、『更正の請求』と言う手続きにより、特例を受ける事が出来ます。

『更正の請求』と言う手続きは、前に戻って修正するという手続きです。

ただし、この『更正の請求』ができる期間は決まっています。

原則5年(贈与税は6年)という期間があるため、それを過ぎてしまうと手続きをする事ができなくなります。

3-2.離婚していても大丈夫?

「贈与税の配偶者控除は離婚していてもできるのでしょうか?」

現在、熟年離婚が多いですよね・・・。

この事については、解答していいものか少々困ってしまいます。

しかし、法律的観点からみますと、『配偶者』と付いているため離婚後は行う事が出来ません。

ここでの離婚後と言うのは、離婚が成立した日からの事を指しています。

そのため、調停により成立日と届け出日が異なる場合が多々あります。

どうしても離婚する恐れがある場合、前述の条件を満たしていれば、離婚届を提出する前に適用できます。

ただし、住居用のため、離婚後もそこに住むという前提での話になります。

4.まとめ

笑顔の女性

これまで紹介してきたように、贈与税の配偶者控除は、上手に利用すると非常にメリットのある制度です。

この制度を利用することにより、相続財産が減り、ゆくゆくは遺産相続時の負担を減らせることにも繋がってきます。

4-1.配偶者控除を活用した非課税贈与のポイント

控除を利用する場合は、まずは税理士に相談をしましょう。

本来、相続開始3年以内の贈与は、生前贈与加算(相続財産に加えて相続税を計算)をします。

贈与税の配偶者控除の控除額である2000万円までは、その生前贈与加算が適応対象外になります。

うれしい話ですよね。

何度も言いますが、これが適用されるのは居住住宅を贈与する時に限るため、ご自宅を配偶者に渡してあげる時、もしくは建て替える時は使った方がいいのかもしれません。

4-2.必要書類

この申請を行うにあたり、添付する書類は以下の通りです。

  1. 受贈者(受ける側)の戸籍の謄本又は抄本。
  2. 受贈者(受ける側)の戸籍の附票の写し。
  3. 控除対象となった居住用不動産に関する登記事項証明書。
  4. 受贈者(受ける側)の住民票の写し。

ただ、この書類も細かく規定が若干あります。

1・2は居住用の不動産または、金銭の贈与を受けた日から10日を経過した日以降に作成された物に限られています。

4は控除対象住居の用に供した日以降に作成された物に限られてます。

*戸籍附票に記載されてる住所が申請する建物と同じ住所であれば、住民票を提出する必要はありません。

5.相続に伴う不動産の売却で悩んでいる方へ

相談件数のグラフ
2012年以降、相続や空き家に関する相談を250件以上受けてきました。

それらを基に、相続で問題が発生しないためのチェックポイントをまとめました。

不慣れな相続や空き家問題で不動産の売却や買取り、管理を検討している方、まずは簡単無料査定をお試しください。

  • 相続した不動産が遠方にある
  • 不動産や相続の相談できる知り合いがいない
  • 空き家になっており、借り手がいない
  • 物置又はゴミ屋敷になっており、触れない
  • 権利関係が共有など面倒で整理ができない
  • 相続の放棄も検討したい
  • 今後、不動産を使う事がない
  • 相続人が3人以上いる

もし、2つ以上当てはまる場合には、お近くの相続の専門家や私たちのLINE公式から相続の失敗事例を見てみて下さい。
どのような対策が取れるのか、すぐに分かります。

特に、お仕事などで忙しい男性はじっくり考える事が難しく、親族間で不動産をどうするか、条件の書式化や不動産の売却や買取りで悩んでいる方、簡単無料の『LINE公式の無料相談』や『電話相談』からお気軽にお問い合わせ下さい。

*私たちはたらい回しなく、実務担当が直接対応いたします。

取引件数の推移

私たちは2012年以降、250件を超える、不動産取引を担当し、どのような不動産を購入・売却すべきか、理解しつつあります。

地方だけでなく、東京においても高齢化による住み替え相談が増えており、今後も私たちの強みを生かせる案件を丁寧に見つけ、紹介していきたいと思います。

相続で引き継いだ再建築不可の実家、隣地を購入し、5,300万円で売却した事例

>>これまでうまく行った解決事例はこちらのページにまとめてあります。
また、私たち、アリネットのgoogleでの口コミはこちらのページにまとめてあります

Follow me!

関連する他の投稿はこちら

LINEでも無料相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

無料の参考資料のダウンロードはこちら

相樂 喜一郎

この記事を書いた人

相樂 喜一郎

事例を基にトラブルの少ない取引を目指し、2011年以降130件以上の不動産取引を経験。現在はこれまでの経験を活かし、地域の金融機関と一緒に相続に伴う実家の再生や売却、住み替えに注力。不動産鑑定士補、宅地建物取引士、相続アドバイザー、住宅診断士。 >>その他詳しい実績はこちら

住まいのトラブルを効率的に解消する、管理会社や弁護士に相談する前に行う3つ前のページ

住まいのトラブルを効率的に解消する、管理会社や弁護士に相談する前に行う3つ次のページ

関連記事

  1. 不動産売却の際の火災保険の解約方法は?返金や解約前の修繕について解説

    豆知識

    不動産売却の際の火災保険の解約方法は?返金や解約前の修繕について解説

    不動産の売却を検討されている方へ、こんにちは、住まいの…

  2. 豆知識

    入居者が居るから・・・と内見を断られた時に最低限チェックすべき3つの確認事項

    こんばんは、ファイナンシャルプランナー兼宅地建物取引士の馬場で…

  3. 離婚で財産分自宅の売却借地権

    豆知識

    離婚で借地権付きの自宅を売却したい。手続きや流れ、何を注意すればいいか?

    こんにちは、住まいのお悩み無料相談、アリネットで住まいのお悩み…

  4. 『中目黒』と『自由が丘』のマンション選びに大切なポイントを比較してみた

    相場情報

    『中目黒』と『自由が丘』のマンション選びに大切なポイントを比較してみた

    こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す白金の不動産屋、(株)リ…

  5. 豆知識

    『一般契約』とは、物件の貸主と借主との一般的な普通賃貸借契約のことです。

    1.一般契約とは、物件の貸主と借主との一般的な普通賃貸借契約のこと…

  6. 豆知識

    人生何が起こるか分からない、40歳以上の住宅ローン返済計画は慎重に!

    こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す六本木の不動産屋、株式会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日時・連絡先

年中無休・10時から22時まで営業
電話番号
アドレス

運営者情報

運営者情報

2012年以降、600を超える解決事例や6,700件のアンケートを参考に、関わった方の住まいのいお悩みゼロを目指し、活動しています。充実した毎日を取り戻すため、一対一の担当制で最後まで一つひとつ、責任を持って対応しています。

詳しくはこちら


無料のLINE相談は深夜も対応しています。お気軽にご連絡ください。


カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031