住宅取得資金の贈与とは?賢く利用するためのポイントを解説

住宅取得資金の贈与とは?賢く利用するためのポイントを解説

こんにちは、住まいのお悩み無料相談、アリネットで住まいのお悩み相談を受けている不動産鑑定士補兼相続アドバイザーの相楽です。

作業中の相楽

『はい!ここに家を建てます!!』即決でお家建てれたらいいですね~♪

住宅の購入は、生涯の中で大きな買い物のひとつです。

マンション派・戸建派と分かれますが、大きな買い物であることには間違いありません。

また、自分の子供たちが住居を購入する際に、資金援助をしようと考えてる親御さんや、孫の為にと考えるおじいちゃんおばあちゃんもいらっしゃるはずです。

それ程、生涯の中でも大きなイベントになる住宅購入は、かかってくる金額も大きいですよね。

キャッシュで払えたらどんなに良い事か・・・。

その事は置いといて。

今回は、今回は、住宅を取得する際、資金援助をしてもらった場合に適応される『住宅取得資金の贈与』について解説します。

1.住宅取得資金(じゅうたくしゅとくしきん)

相談する夫婦

住宅を建てる時やマンションを購入する時、さらには自宅の増改築をする時にも、親御さんやおじいちゃんおばあちゃんから援助してもらうことがあるかもしれません。

親御さんやおじいちゃんおばあちゃんにとっては援助でも、これらは生前贈与となります。

1-1.消費税8%の非課税枠

現在、消費税が8%のため、、消費税8%で建てる物件であれば最大で1200万円まで、贈与税が非課税になります。

1-2.消費税10%の非課税枠

これから消費税が10%になろうとしているため、その場合は最大3000万円まで贈与税が非課税という事が現時点では決まっているようです。

1-3.暦年贈与の基礎控除額

その他に、暦年贈与の基礎控除額である110万円が加わるため、消費税8%なら1310万円まで非課税となり、消費税10%なら3110万円まで非課税として税金がかからない事となります。

2.住宅取得資金を受ける時の一定の条件

内見をする夫婦

この制度を利用するにあたって、一定の条件が有ります。

  • 贈与を受けた時に日本国内に住所が有る事。
  • 贈与を受けた時に日本国内に住所が無くても日本国籍を持っており、尚且つ、受贈者または贈与者がその5年以内に日本国内に住所を持ったことが有る事。
  • 贈与を受けた時に日本国内に住所も日本国籍もないが、贈与者が日本国内に住所を持っている。
  • 贈与を受けた時に贈与者の直系卑属(子や孫)である事。尚、その配偶者は含まれない。
  • 贈与を受けた年の、1月1日において20歳以上である事。
  • 贈与を受けた年の合計所得金額が2000万円以下である事。

要するに、20歳以上で所得合計が2000万以下の子や孫が、日本国内に最低5年間住所を持つ親や祖父母から住宅取得資金の贈与を受ける場合、控除が適用されるということです。

3.キーポイントは3月15日

打ち合わせの様子

3月15日は確定申告の最終日です。この日が重要なポイントです。

3-1.住宅取得資金の受け取りタイミング

住宅取得資金を受けるタイミングに関して、住宅ローンを組む前に頭金として贈与された場合、その年の確定申告で申請しなければなりません。

そのため、贈与された年の翌年の3月15日までに引き渡しが完了していなければ、この住宅取得資金の控除を受けることができません。

3-2.引き渡し遅延のリスク

また、引き渡しの予定が3月15日前であっても、工事の遅れなどで引き渡しが遅れることがあります。

そのため、もしその時期に重なる可能性がある場合は、住宅取得資金の贈与を引き渡し時に行うことをお勧めします。

3-3.3月15日以降の引き渡し

では、もし先に住宅取得資金を受け取ってしまい、引き渡しが3月15日以降になった場合はどうなるのでしょうか?

この場合、まず、予定していた住宅取得資金の贈与による非課税枠が使えなくなります。

そのような場合に適用されるのが、相続時精算課税制度の利用です。

ただし、この制度を利用すると、その後、その贈与者からの物については暦年贈与が使えなくなるという点も考慮する必要があります。

4.中古住宅や増改築の場合の条件

内装工事の様子

今流行ってますよね~。『リノベーション』以前はリフォームって言ってたんですが・・・

いつの間にかリノベーションに変わってましたね。

某番組でもリノベーションと言っていたのが衝撃的でした・・・。

自分達でゆっくり時間をかけてお家をリノベーションしていくのも楽しみですが、私は釘を打てません。

巣箱さえ作れません・・・。のこぎりを持った瞬間危ないからと取り上げられてしまいます。

となると、ハウスメーカー・工務店などに頼みやってもらう事となり、予算に応じてですがそれなりにかかってくることとなります。

その時の住宅取得資金の控除の条件をあげていきたいと思います。

4-1.住居用の家屋の要件

  • 家屋の登記上の床面積が50㎡以上240㎡以下である事。
  • 耐火建築物で、取得する日から25年以内に建築された物である事。
  • 耐火建築物以外の家屋の場合は、取得する日から20年内に建築されたものである事。
  • 地震に対する安全性に係る基準に適合とするものとして『耐震基準適合証明書』『住宅性能評価書の写し』または、既存住宅売買瑕疵保険契約(きぞんじゅうたくばいばいかしほけんけいやく)の締結を証明される書類により証明されている事。
  • 家屋の取得日までに同日以降に耐震改修工事を行う事についての所定の手続きを行っていて、かつ贈与を受けた年の翌年3月15日までに、その耐震改修により耐震基準に適合され、一定の書類で証明された物である事。
  • 床面積の2分の1以上に相当する部分が専ら居住の用に供される物である事。

4-2.増改築の要件

  • 増改築の工事の費用が100万円以上である事。なお、居住用部分の工事費が全体の工事費の2分の1以上でなければならない。
  • 増改築等後の家屋の登記簿上の床面積が50㎡以上240㎡以下である事。
  • 増改築等に係る工事が、一定の工事について『確認証の写し』『検査済証の写し』または『増改築等工事証明書』などの書類により証明されたものである事。

以上のような条件を満たしていることで、住宅取得金等資金の控除を受けることができます。

詳しくは最寄りの税務署で聞いた方が良いかもしれませんね。

5.相続に伴う不動産の売却で悩んでいる方へ

相談件数のグラフ
2012年以降、相続や空き家に関する相談を250件以上受けてきました。

それらを基に、相続で問題が発生しないためのチェックポイントをまとめました。

不慣れな相続や空き家問題で不動産の売却や買取り、管理を検討している方、まずは簡単無料査定をお試しください。

  • 相続した不動産が遠方にある
  • 不動産や相続の相談できる知り合いがいない
  • 空き家になっており、借り手がいない
  • 物置又はゴミ屋敷になっており、触れない
  • 権利関係が共有など面倒で整理ができない
  • 相続の放棄も検討したい
  • 今後、不動産を使う事がない
  • 相続人が3人以上いる

もし、2つ以上当てはまる場合には、お近くの相続の専門家や私たちのLINE公式から相続の失敗事例を見てみて下さい。
どのような対策が取れるのか、すぐに分かります。

特に、お仕事などで忙しい男性はじっくり考える事が難しく、親族間で不動産をどうするか、条件の書式化や不動産の売却や買取りで悩んでいる方、簡単無料の『LINE公式の無料相談』や『電話相談』からお気軽にお問い合わせ下さい。

*私たちはたらい回しなく、実務担当が直接対応いたします。

取引件数の推移

私たちは2012年以降、250件を超える、不動産取引を担当し、どのような不動産を購入・売却すべきか、理解しつつあります。

地方だけでなく、東京においても高齢化による住み替え相談が増えており、今後も私たちの強みを生かせる案件を丁寧に見つけ、紹介していきたいと思います。

相続で引き継いだ再建築不可の実家、隣地を購入し、5,300万円で売却した事例

>>これまでうまく行った解決事例はこちらのページにまとめてあります。
また、私たち、アリネットのgoogleでの口コミはこちらのページにまとめてあります

Follow me!

関連する他の投稿はこちら

LINEでも無料相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

無料の参考資料のダウンロードはこちら

相樂 喜一郎

この記事を書いた人

相樂 喜一郎

事例を基にトラブルの少ない取引を目指し、2011年以降130件以上の不動産取引を経験。現在はこれまでの経験を活かし、地域の金融機関と一緒に相続に伴う実家の再生や売却、住み替えに注力。不動産鑑定士補、宅地建物取引士、相続アドバイザー、住宅診断士。 >>その他詳しい実績はこちら

不動産用語解説 管理組合に支払う『修繕積立金』とは?前のページ

住まいのトラブルを効率的に解消する、管理会社や弁護士に相談する前に行う3つ次のページ

関連記事

  1. 豆知識

    体験談を参考に、電気が通っていないお部屋を夜に内見する時の注意点3選

    こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す六本木の不動産屋、(株)リビ…

  2. 豆知識

    住まいのトラブルを効率的に解消する、管理会社や弁護士に相談する前に行う3つ

    1.質問(トラブルや問題)家の横にある、古い家屋です。数年…

  3. 離婚で自宅を売却は告知義務になるのか?

    豆知識

    離婚時の不動産売却における心理的瑕疵の影響とは?離婚で売却は告知義務か?

    離婚を理由に自宅を売却するか悩んでいる方へ、面談時に、…

  4. 離婚でローン返済に悩む男性

    豆知識

    【無料診断付き】ローンで困った時、自宅の任意売却はしない方が良い?やらない方が良いケースは?

    困ったら、自宅を売れば良いと考えている方へ、任意売却にはデメリットや成…

  5. 豆知識

    住まいのトラブルを効率的に解消する、管理会社や弁護士に相談する前に行う3つ

    1.質問(トラブルや問題)マンションをリノベーション済みの分譲築古…

  6. 民法改正の影響で連帯保証人での賃貸契約が実質的に無くなる?(その1)

    豆知識

    民法改正の影響で連帯保証人での賃貸契約が実質的に無くなる?(その1)

    麻布十番・賃貸マンション、㈱リビングインの防犯設備士兼ファイナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日時・連絡先

年中無休・10時から22時まで営業
電話番号
アドレス

運営者情報

運営者情報

2012年以降、600を超える解決事例や6,700件のアンケートを参考に、関わった方の住まいのいお悩みゼロを目指し、活動しています。充実した毎日を取り戻すため、一対一の担当制で最後まで一つひとつ、責任を持って対応しています。

詳しくはこちら


無料のLINE相談は深夜も対応しています。お気軽にご連絡ください。


カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031