土地や不動産の遺産相続方法とは?現物分割と代償分割のポイントを解説

土地や不動産の遺産相続方法とは?現物分割と代償分割のポイントを解説

こんにちは、住まいのお悩み無料相談、アリネットで住まいのお悩み相談を受けている不動産鑑定士補兼相続アドバイザーの相楽です。

作業中の相楽

現金を遺産相続する場合、例えば1000万円の現金を分けるならば、簡単に分けることが可能です。

しかし、土地や不動産の場合、簡単に分けることはできません。

遺産相続でもめることも多く、特に土地や不動産を巡って争いごとになってしまいます。

この場合にはどうすればいいか、遺産相続をする前に知っておくことが大切です。

そこで今回は、不動産の遺産相続について解説していきます。

1.土地や不動産の分割方法

打ち合わせの様子

まずは、不動産の分割方法について解説します。

1-1.残す方法と売却する方法

自宅などの不動産を分割する場合、大きく自宅を「残す」、または「売却する」のいずれかに分かれます。

売却する場合にはその売却益を分けることで済みますが、残す場合にはいくつかの方法があります。

1-2.現物分割

現物分割は一人が単独で取得する方法です。

土地ならば分割してから分割後の土地を単独で取得します。

1-3.代償分割

代償分割は一人が単独取得する代わりに、相当額の金銭を他の相続人に支払う方法です。

1-4.共有

また、自宅の場合には相続人同士の共有という選択肢も存在します。

2.現物分割と代償分割のポイント

営業マン

続いて、現物分割と代償分割について解説します。

2-1.現物分割のメリットとデメリット

現物分割の場合、土地を2つもしくは3つに分けることで仲良く暮らせますが、広い場所でなければ有効ではありません。

例えば、狭い土地や境界線が複雑な場合には、建物の撤去なども必要です。

また、新たに建築する際に制約があり、結果として損をすることもあります。

2-2.代償分割のメリットとデメリット

代償分割の場合、一方が3000万円相当の不動産を相続し、その半分の1500万円を代償としてもう一方に渡します。

この場合、自宅の価値を把握すること、代償金の用意が問題となります。

3.現金と不動産の分割相続のメリット

喜ぶ女性

最後に、現金と不動産の分割相続について解説します。

3-1.現金と不動産の分割の重要性

現物分割、代償分割ともにメリットとデメリットがあります。

どちらもトラブルの要素があるため、不動産しか相続するものがない場合以外では最適な方法とは言えません。

3-2.現金と不動産を分けるメリット

現金も相続の対象となる場合、一方には現金、もう一方には不動産を相続するのがベストです。

これにより、現物分割や代償分割後のトラブルも防ぎやすくなります。

遺産を巡るトラブルは避けるべきですので、現金と不動産を分けることが大切です。

4.相続に伴う不動産の売却で悩んでいる方へ

相談件数のグラフ
2012年以降、相続や空き家に関する相談を250件以上受けてきました。

それらを基に、相続で問題が発生しないためのチェックポイントをまとめました。

不慣れな相続や空き家問題で不動産の売却や買取り、管理を検討している方、まずは簡単無料査定をお試しください。

  • 相続した不動産が遠方にある
  • 不動産や相続の相談できる知り合いがいない
  • 空き家になっており、借り手がいない
  • 物置又はゴミ屋敷になっており、触れない
  • 権利関係が共有など面倒で整理ができない
  • 相続の放棄も検討したい
  • 今後、不動産を使う事がない
  • 相続人が3人以上いる

もし、2つ以上当てはまる場合には、お近くの相続の専門家や私たちのLINE公式から相続の失敗事例を見てみて下さい。
どのような対策が取れるのか、すぐに分かります。

特に、お仕事などで忙しい男性はじっくり考える事が難しく、親族間で不動産をどうするか、条件の書式化や不動産の売却や買取りで悩んでいる方、簡単無料の『LINE公式の無料相談』や『電話相談』からお気軽にお問い合わせ下さい。

*私たちはたらい回しなく、実務担当が直接対応いたします。

取引件数の推移

私たちは2012年以降、250件を超える、不動産取引を担当し、どのような不動産を購入・売却すべきか、理解しつつあります。

地方だけでなく、東京においても高齢化による住み替え相談が増えており、今後も私たちの強みを生かせる案件を丁寧に見つけ、紹介していきたいと思います。

相続で引き継いだ再建築不可の実家、隣地を購入し、5,300万円で売却した事例

>>これまでうまく行った解決事例はこちらのページにまとめてあります。
また、私たち、アリネットのgoogleでの口コミはこちらのページにまとめてあります

Follow me!

関連する他の投稿はこちら

LINEでも無料相談をお受けしております。お気軽にご連絡ください。

無料の参考資料のダウンロードはこちら

相樂 喜一郎

この記事を書いた人

相樂 喜一郎

事例を基にトラブルの少ない取引を目指し、2011年以降130件以上の不動産取引を経験。現在はこれまでの経験を活かし、地域の金融機関と一緒に相続に伴う実家の再生や売却、住み替えに注力。不動産鑑定士補、宅地建物取引士、相続アドバイザー、住宅診断士。 >>その他詳しい実績はこちら

セキュリティとは、安全、保障、防犯、防護などの意味を持つ言葉のことです。前のページ

セキュリティシステムとは、一般に、オートメーション技術を利用した、建物の防犯システムのことです。次のページ

関連記事

  1. 豆知識

    デザイナーズマンションのオシャレな間取り5選

    『都心のおしゃれなマンションに住む』を夢ではなく、現実にしてみ…

  2. 兄弟間の相続トラブルとは?2つの事例から学ぶ解決策

    豆知識

    兄弟間の相続トラブルとは?2つの事例から学ぶ解決策

    こんにちは、住まいのお悩み無料相談、アリネットで住まいのお悩み…

  3. 豆知識

    憧れの麻布へ!一人暮らしの女性向け、理想のお部屋探しとは

    1.都心から離れて暮らすと毎朝の通勤が大変都心から離れた場所に…

  4. 相場情報

    森ビルや住友不動産の再開発で大きく変わる『六本木一丁目』

    こんにちは、不動産で明るい毎日を目指す六本木の不動産屋、(株)…

  5. 豆知識

    賃貸のお部屋は内見予約した方が良いのか?急なキャンセルは可能?

    こんにちは、宅地建物取引士の大和田です。インターネット…

  6. 豆知識

    住まいのトラブルを効率的に解消する、管理会社や弁護士に相談する前に行う3つ

    1.質問(トラブルや問題)私たちが今の物件を決めたのは便利な立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日時・連絡先

年中無休・10時から22時まで営業
電話番号
アドレス

運営者情報

運営者情報

2012年以降、600を超える解決事例や6,700件のアンケートを参考に、関わった方の住まいのいお悩みゼロを目指し、活動しています。充実した毎日を取り戻すため、一対一の担当制で最後まで一つひとつ、責任を持って対応しています。

詳しくはこちら


無料のLINE相談は深夜も対応しています。お気軽にご連絡ください。


カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031